シベリア出兵~その②

シベリアでの1年間をつづった日記 シベリア出兵のにわか勉強を続けた。今日の資料の一つは「シベリア出征日記」(松尾勝造著)。風媒社から1978(昭和53)年2月に初版が発行されている。松尾氏は18(大正7)年8月にシベリアに派遣された第十二師団の小倉第十四聯隊に所属し、8月10日に出征、翌19(同8)年7月8日に帰還した。その間、日記を書き続け、「ユフタの惨劇」の目撃者にもなった。資料はそれともう一冊。「シベリア出兵~近代日本の忘れられた七年戦争」(麻田雅文著、中公新書、2016年9月発行)。当時の国際情勢や国内の政治情勢などを踏まえて大所高所から日本のシベリア出兵を分析、解説したものだ。 続きを読む シベリア出兵~その②

シベリア出兵の百回忌

墓石が並ぶ桜ケ丘聖地 「ユフタ」と聞いても全く分からない。シベリアの地名だと言われても何のヒントにもならない。「シベリア出兵『ユフタの墓』」(柴田秀吉著、2005年発行)によると、ロシア極東の港ウラジオストクから西へ約1600km行ったところのようだ。ここで1919(大正8)年2月25日から26日にかけて戦闘があり、大分聯隊の一個大隊が全滅する悲劇があった。大分県別府市に住んでいた柴田氏(故人)は残されていた大隊の「陣中日誌」などを手に入れ、多くの人に事実を知ってもらおうと一冊の本にまとめた。来年はその百回忌ということになる。 続きを読む シベリア出兵の百回忌

ふるさと林道を本匠へ

林道のイメージとは違う楯ヶ城トンネル 臼杵市野津町の戸屋平湧水の水が出なくなったことは7月24日付佐伯支局長日誌「水辺に涼しさを求めて」で紹介した。野津町と佐伯市本匠を結ぶふるさと林道の楯ヶ城トンネルのところに湧水を汲む場所があったという。行ったことがないのでイメージが湧かない。時間もあるし、現場を見てみるか。そう思って野津町から本匠へとふるさと林道を走ることにした。一番驚いたのは道の良さ。山あいをくねくね走るような林道のイメージを抱いていたら、とんでもない間違いだった。 続きを読む ふるさと林道を本匠へ

ブンヤ暮らし三十六年

 「定年」に関連する本は数多い大分県立図書館の蔵書検索で「定年」とキーワードを打ち込んでみると、966件出てきた。出版年月が新しい順に並んでおり、最初に登場したのは今年5月に出版された「シニア人材という希望」(中原千明著)である。リストをざっと見て、探していた本は20番目にあった。「定年前後の年金・保険・税金の手続きをするならこの一冊」(岡田良則著、自由国民社刊)。残念ながら「貸出中」だった。さらにリストを読み下って60番に参考になりそうな本があったので借りることにした。 続きを読む ブンヤ暮らし三十六年

本社を誘致するために

府内町・大手町を紹介する案内板 「今日は休みます」と一言書いて終わろうと思ってパソコンの前に座ると、休みますだけでは能がない気がしてきた。そこで8月8日付佐伯支局長日誌「大分市議会の議案質疑」の続きを書くことにした。8日の日誌では大分市は大手企業の本社誘致活動をしてないのだろうかと書いて終わったが、府内町・大手町エリアには大きなビルは少ない調べてみると誘致のための市の制度があった。では、移転してくる本社の受け皿はどこにあるか。JR大分駅北側の府内町・大手町は場所的に良さそうだが、いかんせん新しくて大きなビルが見当たらない。その他にもオフィス街といった感じの場所はなさそうなのだ。 続きを読む 本社を誘致するために

海岸フェスタin黒島

黒島に渡る船を手前に写真を撮る 泳いで渡れそうな距離に小さな島がある。そこに船で行く。小さな子どもならばちょっとした冒険気分になるかもしれない。11日午前中は臼杵市の黒島に行ってみた。7月17日の「海の日」に続いて「山の日」も「おおいたうつくし海岸づくりフェスタin黒島」が開催された。この日は渡船料(大人500円、子ども250円)が無料となる。「黒島に再び賑わいを」と願う人たちが企画した催しの人出はどうか。少し気になったのでのぞいてみた。 続きを読む 海岸フェスタin黒島

佐伯でイカ臼杵でタコ

ぬめりを取ったタコ 毎日鮮魚店に行っているわけではないので確かなことは言えない。ただ、たまに行く土曜日朝のうすき海鮮朝市を含めて地物の魚が少ない状態が続いている。海水温の高さも影響して不漁が続いているのだろうか。お盆も近くなっていよいよ少なくなると考えて10日は必ずタコを買おうと思っていた。最初は佐伯の行きつけの店に行ったが、そこにはなくて臼杵に回った。そこも一つしかなく4千円以上したが、思い切って購入した。今日はこれという仕事もなく、実質夏休みである。 続きを読む 佐伯でイカ臼杵でタコ

独歩館 お盆は無料に

道の駅やよいのダムカレー 13日から15日までの3日間、佐伯市の城下町佐伯国木田独歩館の入場料(大人200円、小・中・高校生100円)を無料にします-。佐伯市教育委員会社会教育課からFAXが届いた。独歩館で文豪ストレイドッグス展が開かれていることは、この日誌でも紹介した(7月10日付佐伯支局長日誌「文豪ストレイドッグス」)。これが好評で佐伯市外、大分県外からも多くの入場者が来ているのだそうだ。金額は大きくはないが、無料にすることで集客にさらに弾みがつけばと思う。 続きを読む 独歩館 お盆は無料に