GW情報-国道210号

 国道210号線をクルマで走ってみた。大分市から国道210号で湯布院、日田を目指した大分市から西へ由布市、九重町、玖珠町と過ぎて日田市まで80kmほどだ。地震の影響で一部残っていた交通規制も全面的に解除された。本来なら大型連休で行楽地は賑わっているはず。現状はどうなのか。自分の目で見てみることにした。
続きを読む GW情報-国道210号

おおにゆうじま島まつり

 正午からのブリの解体ショーには間に合わなかった。午前11時の船に乗れず、次の午後零時半に乗った。大人1人が片道200円。 「おおにゆうじま・島まつり」の文字が手書き風で素朴な感じが佐伯港から約12分で大入島の堀切に着いた。下船すると「ようこそ 大入島へ」の横断幕。その文字の上の「第9回 おおにゆうじま・島まつり」は手書きで、後から貼り付けたようだ。島まつりの主催は「大入島しまづくりの会」。この横断幕にも手作りの祭りの雰囲気がにじみ出ている。
続きを読む おおにゆうじま島まつり

GW情報-イルカ島

 津久見市のつくみイルカ島では5月3日から5日の3日間、5月3~5日に実施するつくみイルカ島の熊本・大分応援企画「熊本・大分応援企画」を実施する。熊本地震の被災者を対象に「子ども(中学生以下)入場無料」「大人(高校生以上)入場料半額(430円)」とする。

 つくみイルカ島は、イルカのパフォーマンスやイルカとのふれあいなどを通じ、少しでも心を癒やしてもらえれば、と企画したという。

マンホールトイレとは

  臼杵市の中心街から少し離れたJR上臼杵駅近くに福良ヶ丘小学校がある。60年ほど前に建てられた校舎が老朽化したために新しい校舎が建設されることになった。それが完成し、5月10日に式典を開くことになった。

 臼杵市の資料によると、福良ヶ丘小学校は高台(標高約24m)にあるため、津波発生時の防災拠点施設として災害用備蓄倉庫を兼ねた外トイレ、災害用マンホールトイレと太陽光を利用した蓄電池設備が整備された。

 東日本大震災の時にも注目された「災害用マンホールトイレ」だが、大分県内の学校ではどうだろう。整備が進んでいないようだ。それでいいのだろうか。
続きを読む マンホールトイレとは

臼杵のほんまもん野菜

 「うすき100年弁当」が人気なのだそうだ。うすき食フェスのポスター5月の3、4、5日と臼杵市観光交流プラザで「第2回うすき食フェス」が開かれる。二日目(4日)の食エリアで「野津ん市」が開かれる。そこで「甘太くん(サツマイモ)のチーズケーキ」「ジビエ串焼き」「ぴんころうどん」などとともに「100年弁当」が販売される。

 初日のメニューはうすきパエリア(500円)、かやく皿うどん(300円)、おさかな小判(5個入り、揚げのみ、400円)。二日目はふぐ寿司&ふぐ唐揚げ(500円)。三日目はあわび飯(500円)、ほんまもんスリランカカレー(500円)、臼杵かまがりバーガー(300円)、按針バーガー250円-などとある。

 三日間とも「ほんまもん野菜スイーツ」が販売され、会場では「ほんまもん野菜」の即売会も開かれるという。ところで「ほんまもん」とは何だろう。
続きを読む 臼杵のほんまもん野菜

アフリカ村とカキ小屋

 「佐伯市活性化チャレンジ事業」というのがある。佐伯市の活性化につながる取り組みをしている団体に対し、市が50万円を限度に補助金を出す。公開プレゼンを行う団体の予定表補助を申請した団体による公開プレゼンテーションが市役所で行われるというので、ちょっとのぞいてみた。午後1時半から5時まで、それぞれ15分の持ち時間で14団体がプレゼンを行うという。

 他の取材もあるので、全部を傍聴することはできない。14団体の半分の7団体の説明を聞いたが、知らないことはまだまだあるなと改めて思った。
続きを読む アフリカ村とカキ小屋

健診と金利上乗せ預金

記者会見後に写真に収まる佐伯市長(左)と大分県信用組合理事長(右)  佐伯市と大分県信用組合の包括提携商品の記者発表会が25日に佐伯市役所であり、市長と県信用組合理事長が出席した。
包括提携商品とは何か。金利上乗せの定期預金(1年満期)である。上乗せの対象は健康診査(健康診断)を受けた佐伯市民。店頭表示金利(25日現在年0.025%)に年0.20%を上乗せする。自治体の健診の受診率を上げるために金融機関が協力して金利を上乗せした商品を出す。全国でこうした動きが見られる。その背景に何があるのだろうか。
続きを読む 健診と金利上乗せ預金

大きくなったレースケ

 この日誌で「レースケ(レイスケ)」を紹介したことが2回ある。(3月18日「カマガリ、レースケとは?」。 3月26日「市場めぐり~臼杵編①))。今回で3回目の登場となる。大きくなったレースケは入れ物から大きくはみ出しているまずは4月23日の臼杵魚市場の土曜朝市で見たレースケをご覧いただきたい。「レースケの標準和名は『クロアナゴ』。臼杵では昔から湯引きや天ぷらなどに料理されており、花見が始まるこれからの季節が『旬』という」(3月18日の日誌より)。
続きを読む 大きくなったレースケ