健診と金利上乗せ預金

記者会見後に写真に収まる佐伯市長(左)と大分県信用組合理事長(右)  佐伯市と大分県信用組合の包括提携商品の記者発表会が25日に佐伯市役所であり、市長と県信用組合理事長が出席した。
包括提携商品とは何か。金利上乗せの定期預金(1年満期)である。上乗せの対象は健康診査(健康診断)を受けた佐伯市民。店頭表示金利(25日現在年0.025%)に年0.20%を上乗せする。自治体の健診の受診率を上げるために金融機関が協力して金利を上乗せした商品を出す。全国でこうした動きが見られる。その背景に何があるのだろうか。
続きを読む 健診と金利上乗せ預金