GW情報-おんせん県大分

唄げんかの湯 木浦名水館ではツーリングの途中のライダーが  大分といえば温泉である。それで真っ先に浮かぶのは別府や湯布院で、佐伯や臼杵といった県南地域を挙げる人はまずいまい。「日本一のおんせん県おおいた」(大分県観光情報公式サイト)には、佐伯市の温泉として「かぶとむしの湯 鉱泉センター直川」と「藤河内(ふじがわち)湯~とぴあ」の2施設が紹介されている。これだけしかないのか。いやいや、まだある。「宇目唄げんかの湯 木浦名水館」もそうだ。木浦名水館のキャッチフレーズ「山深く緑深く、歴史さえ深い里。湯に漬かればほのかに桧(ひのき)の香りする里」は、まさにぴったりだと思う。
続きを読む GW情報-おんせん県大分