生活用水MAP贈呈式

 佐伯市内のスーパーなどからミネラルウオーターが消えた。そんなことがあったのだそうだ。話の中身からすると、熊本県益城町と西原村で震度7を記録した4月16日未明の地震後のようだ。佐伯市でも震度5弱を記録し、一部地域で水道水に濁りが生じた。それで、みんな飲み水の確保に動いた。結果、一時的に店頭から飲料水が消える現象が起きたらしい。

 5月2日午前10時、佐伯市役所で「日赤募金受け渡し式」があった。佐伯市赤十字奉仕団の約40人が4月24日、市内の8カ所の街頭で熊本地震の被災地への災害支援金を募った。集まった40万円余りを日本赤十字社佐伯市地区長の西嶋泰義市長に託した。

 冒頭の話は奉仕団の代表と市長の懇談の中で出てきた。すぐに沈静化したらしいが、そんなことがあったとは不覚にも知らなかった。
続きを読む 生活用水MAP贈呈式