廃校巡り①~灘小学校

卒業児童総数698人と小さな学校だった灘小学校 廃校が提案された時の児童数は12人、複式の3学級だった。複式とは違う学年の児童が同じ教室で学ぶこと。教師にとっては指導が難しいといわれる。複式学級の解消を理由に、半世紀余りの歴史を刻んだ佐伯市立灘小学校が閉校になったのは2010(平成22)年3月31日だった。卒業児童総数698人の小さな学校だった。

続きを読む 廃校巡り①~灘小学校