アジサイとツツジの競演

 吉四六さんのモデル、廣田吉右衛門の銅像はツツジの花に囲まれていた「とんち」と言えば大分県では吉四六(きっちょむ)さんである。そのモデルは江戸時代に実在した廣田吉右衛門。その銅像の周りは満開のツツジで彩られていた。ツツジばかりではない。目を他の場所に移せば、アジサイもところどころで花を付けている。緑を刈り込んで浮かび上がる「吉四六ランド」の文字。手前は新築されたばかりの吉四六さんの家。あいにくの雨だったが、緑豊かな吉四六ランドでは花々が浮き立っていた吉四六ランドはサクラの名所として知られるが、サクラだけでない。春の大型連休の頃は藤の花もきれいだったらしい。
続きを読む アジサイとツツジの競演