超々高齢社会への備え

大分県などが県民向けに作った認知症ノート 大分県の人口に占める65歳以上の高齢者の割合は29.2%。市町村別に見ると、県内14市3町1村のうち高齢化率が35%以上は7市1町1村ある。支局長としての担当地域である佐伯市(35.0%)、津久見市(37.6%)、臼杵市(35.9%)はここに含まれる。40%超も竹田市(42.1%)、姫島村(40.2%)と1市1村ある。

 この状態を「超々高齢社会」と呼ぶのか。「超々々高齢社会」と呼ぶべきなのか。
続きを読む 超々高齢社会への備え