B-1in佐伯~おまつりカレンダー⑥

出展団体の名前が呼ばれると、のぼりを持った高校生が櫓門前に降りてくる 城下町佐伯のシンボルといえる豊後佐伯城の櫓(やぐら)門を舞台に「2016西日本B-1グランプリin佐伯」に出展する団体の発表会があった。発表の舞台は重要で、ここを選んだのはB-1にかける佐伯市の強い意気込みを示す狙いなのだろう

 佐伯市で開かれる西日本B-1グランプリについては5月16日付の佐伯支局長日誌「B-1のカウントダウン」で紹介している。

 11月19日と20日の本番に向けて市民の関心を高め、盛り上げていこうと、佐伯市役所にカウントダウンボードを設置した話だった。 

 あれから2カ月。一歩一歩準備が進んでいるようだ。B-1グランプリはご当地グルメによるまちおこしを目的としている。

 佐伯のB-1に地元の「佐伯ごまだしうどん大作戦」以外、どんなご当地グルメが出展するのだろうか。折角だからすべて紹介しよう。下段のカッコ内にある成績は全国大会。

【九州】
日田やきそば研究会(大分県日田市)
対馬とんちゃん部隊(長崎県対馬市)
(*第10回大会 シルバーグランプリ)

小浜ちゃんぽん愛好会(同雲仙市)
大村あま辛カレーうまか隊!(同大村市)
佐賀市はシシリアンライスdeどっとこむ
(佐賀市)
田川ホルモン喰楽歩(福岡県田川市)
(*第10回大会5位)

【中国・四国】
須崎鍋焼きラーメンプロジェクトX
(高知県須崎市)
今治焼豚玉子飯世界普及委員会
(愛媛県今治市)
(*第7、9回大会ブロンズグランプリ)
とくしま豆天玉連(徳島市)
備後府中焼きを広める会(広島県府中市)
津山ホルモンうどん研究会(岡山県津山市)
(*第6回大会シルバーグランプリ)
ひるぜん焼きそば好いとん会(同真庭市)
(*第6回大会ゴールドグランプリ)
出雲ぜんざい学会(島根県出雲市)
(*第8回大会7位)
鳥取とうふちくわ総研(鳥取市)

【関西】
うまいでぇ!加古川かつめしの会
(兵庫県加古川市)
あかし玉子焼きひろめ隊(同明石市)
(*第9回大会5位)

伏見稲荷寿司ひろめ隊(京都市伏見区)
高槻うどんギョーザの会(大阪府高槻市

【その他 特別参加】
津ぎょうざ小学校(三重県津市)
(*第10回大会ブロンズグランプリ)
甲府鳥もつ煮でみなさまの縁をとりもつ隊
(山梨県甲府市)
(*第5回大会ゴールドグランプリ)
十和田バラ焼きゼミナール(青森県十和田市)
(*第9回大会ゴールドグランプリ)
八戸せんべい汁研究所(同八戸市)
(*第7回大会ゴールドグランプリ)

23出展団体ののぼりが櫓門前に 23出展団体ののぼりが豊後佐伯城の櫓門前にはためいた。のぼりを持っているのは佐伯市内の高校生。司会者が出展団体の名前を呼ぶと、のぼりを持った高校生がそれに合わせて櫓門から手前に降りてきた。

 ところで全国規模のB-1グランプリにはどれくらいの出展があるのだろうか。聞くと63だそうだ。するとご当地グルメの団体は圧倒的に東日本が多いことになる。「東高西低」の構図であることを初めて知った。

 そう思ってみると、関西(近畿)はその規模の割に4団体とはちょっと少ないな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です