4月26日の佐伯駅は

 1945(昭和20)年4月26日。米軍の攻撃が佐伯城址(城山)の麓に広がる住宅街に及び、投下された爆弾で28人の市民が即死した。

 前日(15日)の佐伯支局長日誌「お地蔵さんはどこに」で、このことを紹介した。4月26日の空襲については「佐伯市史」にもあり、養賢寺の地蔵尊の写真も掲載されている。

 ただ、佐伯市史の記述は概括的で、空襲の状況を具体的に知ろうとすると物足りない。そう思いながら、佐伯市立佐伯図書館で「佐伯駅四十年史」を手にとってみた。すると空襲による被害の状況が細かく描写されていた。

 今年で開業100年の佐伯駅。駅前には10月に開かれる西日本B-1グランプリの幟がはためく 佐伯駅は今年で開業100年となる。四十年史が出されたのは60年前。1956(昭和31)年12月で戦争の記憶も生々しかったはずだ。 続きを読む 4月26日の佐伯駅は