キリシタンと南蛮文化

 臼杵市野津町下藤地区をあっちに行ったりこっちに行ったり、キリシタン墓地の案内板は小さかった。クルマで地区内の道路を上り下りするうちに小さな案内板を見つけた。案内板の矢印通りに更地に沿った狭い道を進むと、その先に何か見えてきた。そこが「大分県史跡指定下藤地区キリシタン墓地」。なぜ、ここを訪ねたのか。キリスト教の伝来から隆盛、迫害に至るほぼすべての歴史が臼杵市にある遺構群によって分かる。手にした資料にそう書かれてあった。ならば訪ねてみようかと考えた。 続きを読む キリシタンと南蛮文化