蔵書検索に落とし穴が

平松前知事の著書などが展示されていた 8月26日付読売新聞朝刊の「大分版」に大分市民図書館に平松前知事の追悼コーナーが開設されたと書いてあった。市民図書館があるホルトホールはJR大分駅上野の森口(南口)のすぐ前にある。図書館の2階に平松さんの著書や共著など10冊が展示されていた。市民図書館で「平松守彦」と検索すると33件の蔵書があった。

 ところが、大分県立図書館の横断検索を使って大分市民図書館の蔵書数を調べてみるとまったく違う数字が出る。横断検索で「平松守彦」と入力すると、大分市民図書館の蔵書数は5件と表示された。「33」と「5」。この差は一体何か。 続きを読む 蔵書検索に落とし穴が