台風で間越の朝市中止

 台風16号に備えて早々に朝市の中止を決めた。久しぶりに間越(はざこ)の朝市に行こうかと思っていたら、中止の報が飛び込んできた。「間越来だんせへ市」は8月を除いて毎月第3日曜日朝に開かれている。9月は18日が開催日で、漁が解禁された伊勢エビが目玉になる。楽しみにしていたので残念だが、間越の立地を考えると仕方ないか。

 間越の朝市については6月19日付佐伯支局長日誌「雨天決行。間越の朝市に」で紹介した。あの日も天気が悪くて、行こうかどうしようかと迷った末に出かけることにした。鶴見半島の中ほどに間越海岸の文字が 天気であれば、佐伯市中心部からクルマで40分もあれば着くだろう。旧米水津村(現佐伯市米水津)の間越は、鶴見半島の真ん中あたりに位置する。距離的にはそれほど遠くはないのだが、風雨が強くなると慣れない海沿いの道を往復するのは少しためらわれる。

伊勢エビ祭を楽しみにしていたのだが 台風16号は遥か遠くと思っていたが、考えようによっては、早く中止を決めて案内することはいいことだといえる。ただ、伊勢エビ祭のチラシにあった「伊勢エビ特価」とは幾らなのかが気になる。限定300杯の伊勢エビの味噌汁(500円)もおいしそうだ。楽しみは次回にお預けである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です