豪快な魚のつかみどり

つかみどりの水槽に勢いよく魚が投入された 魚のつかみ取り大会を真剣に見たことはなかった。参加者への整理券配布前から水槽の準備、つかみどり開始まで順を追って見たのは今回が初めてになる。佐伯市鶴見で開かれた「つるみ豊魚祭2016」に早く行きすぎたのが原因だった。そこで見た魚の入れ方はなかなか豪快だった。

 つるみ豊魚祭は由緒正しい祭りである。さかのぼること今から35年前。ここ鶴見を主会場として「第1回全国豊かな海づくり大会」が開かれた。それを記念して翌年に始まったのが「つるみ豊魚祭」である。

 豊魚祭の魚介類販売コーナーには早くから人だかりが鶴見漁港は大分を代表する水産基地であり、水揚げ量も多い。「鶴見産」の魚といえば県内では「鮮魚」の代名詞ともなる。実際、つるみ豊魚祭の会場の一角にある魚介類販売コーナーには早くから人だかりができていた。

 ヒオウギ貝は1個110円で販売されたアジ、イカ、カマス、タチウオ、サワラ、カツオ、ブリにカニ、サザエ、伊勢エビ、車エビなどが並び、熱心に品定めしている人も。反対側ではヒオウギ貝の販売準備が進む。

 豊魚祭の開会式は午前10時からだった。ところが、会場に着いたのは2時間早い8時。例年1万4千人ぐらいの人出があって混雑するという話を聞いたので、早めにと思っていたが、早すぎて時間をもてあましそうだ。

 8時過ぎると行列はどんどん長くなった会場に着くと行列があった。しばらくするとどんどん増えていく。午前11時から魚のつかみどりがある。対象は小学生以下で参加料は無料。ただ、2時間前の9時から配布される整理券をもらわなければならない。そのための行列だった。

 さて、会場内をぶらぶらして、鮮魚コーナーや露店などを見て回って待つこと約2時間。開会式が始まった。主催者挨拶に続いて佐伯市長などの来賓挨拶があって約20分で式は終了。祭りといえば恒例の餅まきに移った。

 つかみどりのための大きな三つの水槽が用意された餅まきを終え、つかみどりの準備が本格化した。既に大きな水槽が三つできている。ここに魚を入れる。冒頭の写真はその1シーンである。他の写真を見ると、アジだけでなく、カレイかヒラメか、タイのような魚も見える感じがする。水槽の中にはいろんな種類の魚が入れられたつかみどりの魚種は多そうだ。大量に魚を投入する前には伊勢エビとヒラメ、タコが水槽に放たれた。なかなか豪快で豪華な魚のつかみどり大会である。参加者も多く、みんな真剣になるはずだ。

 子どもたちに追われた魚は水槽の中央に準備が進み、予定より少し早くつかみどりが始まった。子どもたちに追われた魚は中央に。軍手をして大きな袋を持った子どもたちが魚を追い詰めていく。器用に魚を捕まえては次々に袋に入れていく子も。会場を少し上から見ると、その熱気があらためて感じられた周囲にいる保護者も徐々に前のめりになっていく。会場は熱気にあふれていた。

 どこも、魚のつかみどりとなれば、こんな盛り上がりをみせるのだろうか。豊魚祭は午後3時まで続くのだが、午後は予定があり、魚のつかみどりの途中で会場を後にした。この日はスマガツオを1匹(300円)購入した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です