台風16号は苦い経験に

蒲江翔南中横の高齢者施設前は台風16号通過後も水がなかなか引かなかった。 4日の佐伯市長定例会見で五つの資料が配布された。最初の資料が「台風16号による被害状況報告」。台風16号への市の対応は百点満点とはいかなかった。痛かったのは旧蒲江町(現佐伯市蒲江)の家屋浸水被害などの把握が遅れたことだ。人的被害はなかったが、日を追って住家被害が増えていった。市の対応が後手に回っている印象を強めた。台風16号の苦い経験を市は「次」にどう生かそうとしているのか。ここが肝心なところだ。 続きを読む 台風16号は苦い経験に