行けなかった養成講座

認知症サポーターについての大分県の説明資料 午後4時から津久見市である認知症サポーター養成講座をのぞこうと思ったが、都合がつかずに行けなかった。「小中学校や地域での講座開催は珍しくないが、地元の主要企業で従業員のうちの120~130人が一度に受講するケースはなかった」。そこで25日に取材案内の資料をFAXで送った。津久見市役所の担当課に連絡すると、そんな話だった。

 改めて津久見市の人口構成を見てみた。そして、超々高齢社会の厳しい現実を思い出した。 続きを読む 行けなかった養成講座