田舎には田舎の楽しみ

 「10周年感謝祭の進行表があった直川まるごと市場」に行ってきた。国道10号沿いで旧直川村(現佐伯市直川)の中心部にある。2006(平成18)年7月にオープンし、10周年を迎えた感謝祭が6日開かれた。案内には、直川産の野菜や直川名物の餅、まんじゅうを販売する青空市場が開かれる、とあった。新鮮な野菜を求めて行ってみることにした。 続きを読む 田舎には田舎の楽しみ

臼杵市長選4人名乗り

5、6両日のうすき竹宵のオブジェだろうか。八町大路にあった。 来年1月8日告示、15日投開票の臼杵市長選に向けて役者がそろってきたようだ。4日は前副市長を務めた佐藤信介氏(56歳)が記者会見し、来年1月の市長選への立候補を表明した。既に出馬表明をすませた現市長をはじめとして、市長選に名乗り上げたのはこれで4人となった。 続きを読む 臼杵市長選4人名乗り

賑わいが賑わいを呼ぶ

 大分駅前広場に見覚えのある衣装が JR大分駅前広場で見覚えのある衣装が目に入った。そうそう3日は大分市で「第8回豊の国YOSAKOIまつり」が行われるのだった。目の前で踊っているのは「ASO☆KOI 華流伝羅(かるでら)」のみなさんである。5月に佐伯市で開かれた佐伯・番匠YOSAKOIまつりに参加した時に話を聞いた(5月22日付佐伯支局長日誌「いろいろ撮りましたが」)。 続きを読む 賑わいが賑わいを呼ぶ

迷路のような道と街

 八町大路は旧城下町のメインストリート午前中は佐伯市で定例市長会見に出席。午後は臼杵市に行くことになっていた。臼杵城跡の前にある同市観光交流プラザにクルマを止め、道路を渡って八町大路(中央通り商店街)に入った。今日の取材は「城下町・臼杵の町並み保全」がテーマだから、事前に写真でも撮っておこうと考えた。八町大路をぶらぶら歩き、道沿いの「サーラ・デ・うすき」をのぞくと安東水産の安東孝一社長と会った 続きを読む 迷路のような道と街

ふれあいトーク第1弾

取り壊しが始まった西上浦小校舎  5月25日付佐伯支局長日誌「廃校巡り②~西上浦小」で紹介した西上浦小学校の校舎の解体が始まっていた。佐伯市長によるふれあいトークの第1弾は西上浦地区公民館で行われた。「認知症」「空き家対策」「若者の定住」など会場で交わされる言葉は厳しいが、悲観ばかりしてはいるわけではない。地域を元気にする取り組みについて住民側からの活動報告もあった。 続きを読む ふれあいトーク第1弾