子どもと父親のツリー

黄昏の八町大路 22日に続いて23日も夕方は臼杵市中心部の八町大路(中央通り商店街)にいた。22日は近くの久家の大蔵で開催される「How’s Life in 臼杵」を見学するため。23日は来年1月15日に投開票される臼杵市長選挙にかかわる。現職市長と前副市長に続く第3の〝候補者〟の市政報告会が同市観光交流プラザ3Fの会議室で開かれた。 続きを読む 子どもと父親のツリー

若い人はどう考えるか

 久家の大蔵であったHow's LIfeHow’s Life in 臼杵が22日午後6時半から、臼杵市中心部にある久家の大蔵で開かれた。臼杵市のホームページに載った案内を見ると、午後9時まであるようだ。2時間半はとてもお付き合いできないが、ちょっとのぞいて、その中身については後日報告の機会があれば紹介したい。

 若い人は何を思うか。若者の本音は。なかなか聞く機会がない。来年1月の市長選でもそうだ。現状をどう見ているのか。そこも聞きたいところである。 続きを読む 若い人はどう考えるか

佐伯城山百年ビジョン

城山から市街地が一望できる 佐伯城山(豊後佐伯城址)の活用・保存に関する基本方針(案)の市民説明会が20日夜、市役所6階大会議室であった。ちょっと遅れて行ってみると、参加者は予想以上に少ない。市民より市の担当職員の方が多そうだ。市民の関心が高くないのか、市の告知の方法がまずかったのか。市が検討会を設けて城山の活用・保存を議論していることも市民にあまり知られていないのかもしれない。 続きを読む 佐伯城山百年ビジョン

しこりを英語で言うと

 佐伯市議会12月定例会が20日閉会した。来年4月の市長選に向けて現市長が会期中に出処進退を明らかにする。そんな思わせぶりなことを12月7日付佐伯支局長日誌「議会が注目されるのは」で書いたが、結果として誤報になってしまった。

 これから春に向かっていろいろ動きが出てくるだろう。表面的には静かな佐伯市に対し、臼杵市では来年1月15日に投開票される市長選に向けた動きが活発化しているようだ。今月17日には出馬を表明している前臼杵市副市長が、翌18日には現市長が同市中央公民館を会場に相次いで決起集会を開いた。 続きを読む しこりを英語で言うと

弥生生姜で新メニュー

今日の料理の主役はショウガ 佐伯市弥生にある切畑小学校の2階の家庭科室では料理の真っ最中だった。今日の料理の主役はショウガ。取材案内には「『やよい生姜(しょうが)で新メニュー』試食会」とあった。切畑小と地域おこし協力隊、道の駅やよいのコラボ企画のようだ。19日午後、会場となった切畑小を訪れた。 続きを読む 弥生生姜で新メニュー

ぴんころ朝市の賑わい

ビンゴゲームで朝市は盛り上がった 臼杵市野津町で毎月第3日曜日に開かれる「ぴんころ朝市」。18日の朝市は賑わっていた。「12月は地元の特産品などが当たる朝市初の抽選会が開かれる」。その前宣伝が効いたのだろう(12月9日付佐伯支局長日誌「ぴんころ朝市の豪華版」で紹介)。「朝市に人を集める」。その狙いはとりあえず成功した。 続きを読む ぴんころ朝市の賑わい

スリランカ向けの動画

臼杵市の中心商店街で撮影スタート スリランカ向けに臼杵市を紹介する動画の撮影が17、18両日行われる。主役は大分県別府市の立命館アジア太平洋大学(APU)に在学する4人のスリランカ人留学生。臼杵市と同国のキャンディ市との姉妹都市提携が来年で50年となる。それを前に臼杵を少しでも知ってもらおうという試みだ。 続きを読む スリランカ向けの動画

3人と2匹に感謝状を

 2歳女児保護で表彰される警察犬12月5日午後に佐伯市宇目で行方不明となった2歳の女児が21時間後の6日午前に発見・無事保護されたことを覚えておられるだろうか。まだ10日前なのに随分前の出来事のような気もする。佐伯署で16日、女児発見に貢献した3人と2匹に感謝状が贈られた。 続きを読む 3人と2匹に感謝状を