祝世界新記録の横断幕

 31日に津久見市長の定例記者会見があった。最初の一言は誰にでも想像がつく。「渡辺一平選手」であり「世界新記録」であった。2月6日に市役所本庁舎などに「祝世界新記録」の横断幕が掲げられるそうだ。横断幕には今回の記録「2分6秒67」も書き込まれるという。ただ、タイムのところは書き換え可能にしておく。それで渡辺選手が世界記録を塗り替える度に横断幕にも新たな数字が刻まれることになる。これは楽しみである。 続きを読む 祝世界新記録の横断幕

臼杵長屋でランチを

小さく書かれた「臼杵長屋」の文字を見つけた 「はざこでイタリアン」(1月21日付佐伯支局長日誌)の講師を務める奥桂子さんは臼杵市の臼杵長屋でランチを出している。そう言っていたので30日の昼過ぎに訪ねてみることにした。近くで取材の予定を入れており、ごはんを食べるのにちょうどいい。臼杵城跡すぐ横の市観光交流プラザにいったんクルマを置いて歩き始めたが、案に相違してなかなか見つからなかった。 続きを読む 臼杵長屋でランチを

吉丸一昌記念館の梅

愛らしいピンクの花が咲いていた 臼杵市観光情報協会のウェブサイトに「現在、吉丸一昌記念館に座論梅(ざろんばい)が咲いています」と書いてあった。順番から行けば桜の前に梅である。定期点検を終えて、心なしかエンジンの調子が上がった愛車に乗って臼杵市に行ってみることにした。 続きを読む 吉丸一昌記念館の梅

月の満ち欠けと魚市場

天然のトラフグのようだ 久しぶりに臼杵魚市場で土曜日朝に開かれる「うすき海鮮朝市」に行ってみた。市場に近づくと威勢のいい競りの声がする。声の方向に顔を向けると、値が付けられているのは天然のトラフグのようだ。珍しい。なかなか大物のようだ。値段も良かろう。ところで、この日朝市に行ったのは理由がある。行き当たりばったりではなく、少し計画的に市場通いをしてみようかと思ったのである。 続きを読む 月の満ち欠けと魚市場

佐伯のバイオマス発電

披露されたバイオマス発電所 最小の費用で最大の利益を得る。これが経済原理である以上仕方ないと考えるしかないか。新電力大手のイーレックス(東京)が27日、佐伯市戸穴で稼働を始めたバイオマスの佐伯発電所の完成披露と安全祈願を行った。発電の主燃料は輸入されるパームヤシ殻。材料なら間伐材など地元にいくらもあろうのにと思うが、コストなどさまざまなことで折り合わないということだろう。残念なことだ。 続きを読む 佐伯のバイオマス発電

おためしハウスを探す

梅の花が咲き誇るお宅があった カーナビがあればもっとスムーズに見つけることができるのだろう。残念ながらクルマにカーナビがない。検討をつけた場所でクルマをゆっくりと走らせて行きつ戻りつすることになる。臼杵市役所からFAXされた資料ではここら辺りのはずだ。探しているのは移住体験滞在施設「臼杵おためしハウス」。結局、確認できず、いったんクルマを置ける場所を見つけ、そこから歩いて戻ってくることにした。 続きを読む おためしハウスを探す

本業でくたびれて

 2月12日から津久見市の四浦半島で始まる「第5回豊後水道河津桜まつり」の前触れとなる記事を書こうと、朝から準備を進めた。現地の地図をどう書くかと考え、下手な絵を描いて本社の専門部署へ。いろいろと考えてもらって夕方には思ったよりも詳しい地図がFAXで送られてきた。紹介記事に付ける写真は暖かくなるという今週末にでも撮ろうかと思っていたが、思い直して津久見市役所に昨年の写真を提供してもらうことにした。そんなこんなしているうちに一日が過ぎた。久々に真面目に本業をやっていささかくたびれました。

 そんなわけで本日の日誌は休載に。すみません。

催し探しに頭をひねり

佐伯大百科のHPにあった「城下町佐伯雛まつり」の写真 原則金曜日の西日本新聞大分・日田玖珠版は1ページ増えて3カ面になる。増えたページには週末のイベント案内などを載せる。担当の佐伯、津久見、臼杵3市で行われる催しの中で、できるだけ面白そうなものを1件選んで短く告知する。材料がありさえすれば簡単な仕事なのだが、面白そうなものがないと少し考えてしまう。27日付朝刊の催し案内欄の候補には、31日から佐伯市で始まる「城下町佐伯雛まつり」があった。時期も題材もいいのだが、配布された資料のデータがちょっと少なかった。 続きを読む 催し探しに頭をひねり