またも〝しょうゆ戦争〟

 15日に投開票される今回の臼杵市長選のことではない。「またも〝しょうゆ戦争〟」という見出しは1991(平成3)年8月の西日本新聞朝刊の大分県版記事のものである。何の話かはこの後、当時の記事を引用しながら紹介したい。

 「フンドーキン」と「フジジン」の2大しょうゆメーカーを中心に旧野津町と合併前の旧臼杵市では政治的な対立の構図があったそうだ。そんなことは昔の話。今時、そんな企業ぐるみ選挙のようなことはあるまい。そう思っていたら、ちょっと違うようだ。いまだに亡霊が臼杵のまちをさまよっている。今さら何のための対立なのか。よそ者には理解しがたいものがある。 続きを読む またも〝しょうゆ戦争〟