110歳の誕生日に

110歳の誕生日を祝いにきた市長を玄関で出迎えた 105歳ごろまで自転車に乗っていたという話だけでも驚きである。佐伯市の生活支援ハウスで暮らす大矢亀雄さんが12日、110歳の誕生日を迎えた。市内最高齢であり、市長がお祝いに訪れた。大矢さんはハウスの玄関で市長を出迎えた。冒頭のエピソードは大矢さんのこと。今冬も風邪を引かず、病気知らずで、介助なしに日常生活を送っているという。まさに「健康長寿」のお手本である。  続きを読む 110歳の誕生日に