3市の予算案出そろう

説明のために各市で配布された資料 佐伯、臼杵、津久見の順番で3市の2017(平成29)年度当初予算案の説明があった。改めて三者三様だなと思う。まず予算規模が違う。一般会計で言えば佐伯市が431億円、臼杵市206億円、津久見市92億円。津久見市は合併しなかった分、国の施策の恩典がなく、苦労したことは否めない。一方、歳入に占める自主財源の割合では佐伯市25.5%、臼杵市28.2%に対して津久見市は37.0%と頭一つ抜けている。だが、こうした違いは3市を取り巻く環境を考えると、微々たるものともいえる。少子高齢化、人口減少。3市に共通する難題が行く手に立ちふさがっている。 続きを読む 3市の予算案出そろう