山の中の臥龍梅を見る

山庵寺の臥龍梅に西日が差していた 「まだきれいに咲いているんじゃないですか」。臼杵市観光情報協会の中野さんがそう言うので、臥龍梅を見に行くことにした。梅の前に説明板がある。「山庵(やまなん)臥龍梅」とあり、「この梅の木は樹齢約320年が経ており、反対側から臥龍梅を見る数年前元木より分折し臥龍梅となる。定かではないが開祖賢巖禅師が植樹したものと思われる」と書いてあった。この説明板が設置されたのが2008(平成20)年12月のようだ。もう少し早い時期に来ておればもっときれいだっただろう。 続きを読む 山の中の臥龍梅を見る