マレガ神父の戦争体験

マレガ神父が描いた第一次大戦での自身の体験 マレガ・プロジェクトと臼杵市による合同研究会が5日、同市中央公民館で開かれた。マレガ・プロジェクトとは、イタリア人神父のマリオ・マレガ氏(故人)がマレガ神父が描いた大分の空襲1930年代に大分で入手した膨大な史料(約1万4千点)を解読・解明する取り組みである。布教のために大分に赴任したマレガ神父はそこで集めた史料をバチカンに送った。それが2011(平成23)年にバチカン図書館で発見された。一体、マレガ神父とはどんな人なのか。 続きを読む マレガ神父の戦争体験