3機のヘリが米水津で

宮野浦の津波避難場所から集落を撮影した 佐伯市米水津(よのうづ)で大津波に備えた訓練が10日、実施された。南海トラフ巨大地震によって発生する津波の高さは米水津の浦代浦で県内最大の12.76m、色利浦で11.46mと想定されている。本当に大地震と大津波が起きたら、とにかく高台に逃げるしかない。では、その後は。「大津波警報解除後」を想定した訓練が今回新たに加わったのだという。 続きを読む 3機のヘリが米水津で