協力隊の卒業生の言葉

久家の大蔵で開かれた協力隊の報告会 臼杵市地域おこし協力隊の活動報告会が22日夕から、同市中心部にある「久家の大蔵」で開かれた。これまで佐伯市と竹田市の協力隊員の報告会は聞きに行っている。両市と臼杵市の違いは人数。臼杵の場合、一般隊員4人、有機農業隊員2人の計6人と小規模なのだ。このうち、2人が1期生で3月末で任期を終えて卒業する。その壮行会も兼ねていた。この日の報告会では、今だから言える話も交えて本音が熱く語られた。 続きを読む 協力隊の卒業生の言葉