県道36号は桜の街道

彦岳登山口付近の桜 桜の話はもう勘弁といった声も出そうだが、もう少しお付き合い願いたい。津久見市から佐伯市へと県道36号(佐伯津久見線)を通って帰った。県道36号沿いにも桜が多い。2016年6月5日付佐伯支局長日誌「栗の花咲く県道36号」で沿道の栗の花を紹介したことがあったが、桜もなかなかである。この時期だけでも「桜街道」の名称で売り出したらどうだろうか。

 「彦岳登山口 1.1Km」と書かれたプレートがあるあたりから道は上り坂になる。そのまましばらく進むと、少し平たんになったところがある。彦岳登山口である。16日(日)に山開きがある。ここ3年ほどは毎年雨で山開きは中止になっているそうだ。

 登山口のところに「高野聖地蔵尊」がある。その反対側に小さな広場があり、大友宗麟が描かれた案内板がある。どちらも桜が見事に咲いていた。

 登山口のすぐ横にはトンネルがあり、ここを抜けると佐伯市弥生に入る。後は下り坂。こちらも沿道に桜が続く。しばらく下ると床木ダムがある。ここの緑地広場の桜も地元では有名である。当たり前だが、ドライバーは脇見ができない。せっかくの桜並木だが、誰もクルマを止めることなく走り去っていった。

 津久見と佐伯を結ぶ「桜の街道」を写真で紹介する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です