140年前に起きた戦争

吉丸一昌に関する資料などをいただいた 大分市在住の郷土史家の方から資料をいただいた。その中に、この日誌でも何回か紹介した「吉丸一昌」に関するものがあった。タイトルは「剣道家としての『吉丸一昌』について」。その横に「明治の終わりから大正の初めに、抒情あふれる数々の唱歌を作詩した吉丸一昌は優れた人格者でした。その人格形成の基には、剣道家としての知られざる顔がありました」と解説があった。さまざまなことを研究している人たちがいる。世の中は広いと思う。ただ、いただいた資料で興味をそそられたのは140年前の戦争の方だった。 続きを読む 140年前に起きた戦争