ラグビーW杯の懸垂幕

 ラグビーW杯の懸垂幕 臼杵市でスリランカのキャンディ市との姉妹都市提携50周年記念式典が開かれた23日午前、佐伯市の佐伯商工会館ではラグビーワールドカップ(W杯)2019の懸垂幕お披露目式が行われていた。23日は姉妹都市提携を優先し、24日に懸垂幕を見に行った。「大分開催を成功させよう!」とある。大分市はW杯の試合が行われる12会場の一つで、大分県では佐伯市、大分市、別府市、中津市がキャンプ誘致に名乗りを上げている。佐伯市民の関心を高めていこうと懸垂幕を設置したということのようだ。

 大分県のホームページを見ると、ラグビーW杯に向けた「One Rugby,One Oita大作戦」(ワン・ラグビー、ワン・大分)が展開されている。5月のイベント表をみると、5日に玖珠町の日本童話祭の協賛行事としてラグビー体験イベントを開催し、20日の第70回日田市観光川開き祭でも協賛行事として実施している。

 ラグビーに親しんでもらい、ラグビーを楽しむ県民を増やそうという取り組みである。そして、大分県民が一体となってラグビーW杯に向けた歓迎ムードを高めていき、大会を成功させよう。W杯をきっかけに国内外から多くの観光客に大分県に来てもらい、W杯効果で地域を潤そうというわけだ。

 大分県はラグビーと無縁な土地ではない。むしろ、高校ラグビーでは県立大分舞鶴高校が強豪として名をはせ、全国大会制覇も果たした。最近はちょっと目立たなくなったが、それでも過去の実績でラグビーファンは他の地域に比べて多そうだ。

 W杯の時期が近づいて来れば自ずと盛り上がって行くと思うが、お役所はそんな悠長なことは言ってられないのかもしれない。早めに仕掛けて機運を高めることで良いことがあるのかもしれない。出場チームは20で4組に分かれて予選を戦う。開幕戦(9月20日)と決勝(11月2日)の会場は決まっているが、その他の試合の割り振りはこれから。秋頃だという。

 日本戦や強豪同士のニュージーランドvs南アフリカ、イングランドvsフランスなどの試合会場となれば大入りは確実だろう。佐伯市総合運動公園にある人工芝のグラウンド逆に人気、実力がいまひとつのチーム同士の対戦となれば会場が満員になるか、少し不安になる。人気カードを引き寄せるためのアピールとして地元の盛り上げを図っているのか。出場チームのキャンプ誘致の材料の一つになるのか。そんなこととは関係なく、地道にラグビー人気を高めようとしているだけなのか。

 個人的にはスポーツの分野でとかく言われるのは好まない。好きな人が心から応援すればいいのであって、「あなたもぼーっと見ていないで応援しなさいよ」などと言われると逆に腰が引けてしまう。

 ラグビーW杯の試合会場となる大銀ドームは、2002(平成14)年の日韓共催サッカーワールドカップ(W杯)の試合誘致のために建設された。大銀ドームの概要当時の新聞記事を見ると、01(同13)年に完成した大分県の大分総合競技場(ビッグアイ)の建設費は251億円。サッカーW杯の会場となった10施設のうち、横浜市が整備した横浜国際総合競技場の603億円に次いで費用をかけた施設だった。ちなみにビッグアイの現在の名称が大分銀行(大銀)ドームである。思い切った投資で、その後大分のサッカーはどれだけ強くなったのだろうか。

 収容人員4万人の大銀ドームは国内の主要なスタジアムの一つに数えられる。同じラグビーW杯の会場となる博多の森競技場(福岡市)は2万2000人、熊本県民総合運動公園陸上競技場(熊本市)は3万2000人と書いてある資料を見た。大銀ドームは二つの施設をはるかにしのぐ。ラグビーW杯の試合会場に選ばれるのも自然に見える。

 ただ、大事なのは「W杯後」であろう。大分県はその先のビジョンをどう描いているのか。懸垂幕を見ながら、分からないことが多いなと改めて思った。少しずつ学びながら、ラグビーW杯については今後も何回か取りあげていきたい。

 最後に日本ラグビーフットボール協会のホームページにあった試合会場一覧を添付する(ラグビーワールドカップ2019組織委員会の2015年9月28日のニュースリリース)。

■ラグビーワールドカップ2019開催都市・試合開催会場

 開催都市 試合開催会場
札幌市 札幌ドーム
岩手県・釜石市※ 釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)
埼玉県・熊谷市※ 熊谷ラグビー場
東京都 東京スタジアム
神奈川県・横浜市※ 横浜国際総合競技場
静岡県 小笠山総合運動公園エコパスタジアム
愛知県・豊田市※ 豊田スタジアム
大阪府・東大阪市※ 東大阪市花園ラグビー場
神戸市 神戸市御崎公園球技場
福岡県・福岡市※ 東平尾公園博多の森球技場
熊本県・熊本市※ 熊本県民総合運動公園陸上競技場
大分県 大分スポーツ公園総合競技場

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です