応募者ゼロで次の手は

3月にあった現地説明会には1業者が参加 大分県にとっては「大きすぎてつぶせない」。その活用策を求められた方には「大きすぎて使えない」ということだろうか。教育施設なのか商業施設なのか、はっきりせずに中途半端なところも敬遠された理由かもしれない。大分県は佐伯市蒲江に保有する県マリンカルチャーセンターの利活用策を広く募っていた。だが、24日の締め切りまでに提案がなかった。応募者ゼロである。このままでは困るので再募集となるだろう。ただ、県の施設であり、そうむやみと条件を下げるわけにもいくまい。打開策はあるのだろうか。 続きを読む 応募者ゼロで次の手は