協力隊員の初任者研修

大分県庁で開かれた地域おこし協力隊初任者研修 地域おこし協力隊の初任者研修が6、7両日、大分県庁で開かれた。県内の市町村に赴任してまもない隊員を対象に県が初めて開いた。参加したのは9市の計18人と協力隊OBの2人。全員が初対面という初日と打って変わって2日目は活発な話し合いが行われた。初日の講義で「協力隊員は孤立しがち」という話もあった。市町村を超えた協力隊のネットワークができることで孤独感も緩和され、互いに相談相手にもなれる。全員が顔見知りになることで研修の所期の目的は果たしたともいえる。 続きを読む 協力隊員の初任者研修