森林組合の工場見学会

 佐伯広域森林組合の製材工場を見学佐伯市宇目にある佐伯広域森林組合の製材工場を見学した。生産ラインは1本で年間10万8千㎥の丸太から4万6千㎥の製品を生み出すと資料にある。日本有数の設備だという。同森林組合が目指すのは「佐伯型循環林業」。その根幹は伐採適期を「50年」と決めたことにあるそうだ。50年での収穫を前提に苗作りから植林、育成、伐採、製材、販売まで一貫して取り組む。山に残材を放置しないことも重要で、製品にならないものの利活用にも知恵を絞っている。 続きを読む 森林組合の工場見学会