きらすまめしとカレー

郷土料理講座の看板があった 臼杵市中心部にあるサーラ・デ・うすきで「うすきの郷土料理講座」が開かれるというので行ってみた。21日が第1回なのだそうだ。老舗料亭の料理人が実際に作ってみせるのは「ごまどうふ」と「きらすまめし」。過去に同じような試みがあっただろう。改めて開く意味は何なのか。そんなことを考えたが、サーラ・デ・うすきにある施設「つまみキッチン」を市民にPRすることも目的かもしれない。とはいえ、地元の料理や食材を折に触れて再認識することは悪いことではない。

 臼杵を代表する魚「カマガリ」も数年前までは、そのおいしさが地元でもあまり知られてなかったそうだ。にわかに信じ難いが、案外と「灯台もと暗し」だったのかもしれない。 続きを読む きらすまめしとカレー