空き家の現状と対策は

移住者の市有地購入を優遇する津久見市 人口が減って行くのだから、その分空き家は増えていくのは道理である。空き家となって管理が行き届かないと家が傷んで、後々危険な状態にもなりかねない。できる限り空き家の発生を減らし、移住・定住者の受け入れなどで利活用を進める一方、居住に耐えられなくなった家は除去する-。空き家に関する総合的で計画的な対策を検討するために27日、佐伯市の空き家等対策協議会の初会合が開かれた。 続きを読む 空き家の現状と対策は