タネ地ならばともかく

大通りにも小さなビルが目立つ JR大分駅周辺の大分市中心部を一巡りして気づいたことがある。例えば左の写真。大分駅から伸びるメインストリートなのだが、道路沿いにあるビルは小さいものが目立つ。小難しい言葉でいえば都心部の土地の高度利用が進んでいないのだ。大通りから一歩入ると、景観はさらにみすぼらしくなる。歩道が申し訳にある程度でこれは同市で唯一のデパートの横の道である。道路に白い線を引いて歩行者とクルマを分けている。町歩きを楽しもう。ショッピングを楽しもう。そんな雰囲気にはさせてくれない。頭上の電線も無粋である。大分都心に欠けているものは公園ではなく都心再生計画である。ちょっと歩けば分かることだ。 続きを読む タネ地ならばともかく