被害なしとはいかない

台風一過の晴れ間とはならず 7日朝、佐伯市防災危機管理課に電話して、台風5号に伴う被害の有無を確認。浸水被害や土砂災害の連絡は入っていないとの話だったので、佐伯市内を少しクルマで回ってみることにした。左の写真は7日午前7時半過ぎに撮影した。同じ構図の写真を台風3号通過後の7月5日にも撮っている。それが右の台風3号通過後の佐伯市内の一コマ写真である。駆け足で通り過ぎていった台風とのろのろ台風との違いだろうか。右の写真に比べ左は台風一過の晴れ晴れしさがなく、空も空気もどんよりしている。それでも被害がなくて良かった。そう思って午前10時過ぎに念のため防災危機管理課に電話すると、落石による民家の破損が1件あったという。被害ゼロを願ってもなかなか難しい。 続きを読む 被害なしとはいかない

台風情報は何かあれば

臼杵港でも白波が見えた 台風5号に伴う風と雨は激しくなったり、弱まったりを繰り返している。6日午後5時半に佐伯市防災危機管理課に電話すると、15分ほど前に同市宇目の木浦鉱山区と落水地区の計50世帯74人に避難勧告を出したとの話だった。深夜から7日未明にかけて台風が最接近する。何かあれば随時発信したい。写真は午後3時過ぎの臼杵港のフェリー発着場。岸壁から白波が見えた。雨の中、臼杵、津久見両市内も一回りしてみた。

ムッちゃん像と千羽鶴

大分市の公園に置かれたムッちゃん平和像 「平和の尊さ語り継ぐ」「3000人が思いはせて」-こんな見出しで、8月4日付毎日新聞朝刊の大分版に「ムッちゃん平和祭」の記事が掲載された。1945(昭和20)年8月の終戦直後に大分市内の防空壕(ぼうくうごう)で亡くなったとされる少女ムッちゃん。その像が同市の平和市民公園ワンパク広場に建てられたのが83(同58)年8月だった。思い返せば当時は大分での記者生活2年目だった。今はムッちゃんのこともぼんやりとしか覚えてない。久しぶりに現地を訪ねてみることにした。 続きを読む ムッちゃん像と千羽鶴

台風前に港をぶらりと

鶴見の港では巻き網船が並んでいた 朝から天気がめまぐるしく変わる。強い雨になったかと思うと、青空が広がり、強い日差しが降り注ぐ。天気の急変は台風5号の影響であることは間違いない。海の方はどうだろう。佐伯市中心部の葛港から鶴見半島の方へとクルマを走らせてみた。あちこちに船が係留されているが、台風に備えたものなのかは分からない。波も穏やかで台風がじわじわと近づいて来ているとは思えない。津久見港内に停泊している船ついでだからと津久見、臼杵両市にも足を伸ばした。津久見湾内も穏やかで、岸壁から少し離れたところに停泊する船があった。日常と変わらぬ風景がそこにあるが、台風の影響は確実に出ている。 続きを読む 台風前に港をぶらりと

堅田川の氾濫に備える

落成式が行われた「堅田ひなん棟」 障がい者支援施設「清流の郷」の「堅田ひなん棟」落成式の案内をいただいた。3日に竣工式、餅まきに続いて落成式が行われる。案内には、河川氾濫に備えて全国に先駆けて建設したとある。津波避難のための国や地方自治体の支援はあるが、河川の氾濫に備えた避難棟の整備には支援がない。だから自分たちの力で建てて、万が一の時は地域にも開放するという。完成した避難棟を見学させてもらった。 続きを読む 堅田川の氾濫に備える

佐伯ダムカレーその後

宇目ではあちこちでホオズキのハウスがあった 2日午前は佐伯市宇目南田原にある「道の駅宇目」を訪ねた。ほぼ完成した北川ダムカレーの写真を撮るためだ。本当は8月1日に発売開始の予定だったが、調理用具が揃わず、少し時間がかかっている。佐伯市内の四つのダムをモデルにしたダムカレー、ダムカレーラーメンの試作品のお披露目式があったのは7月14日。同日付佐伯支局長日誌でも紹介した。それから半月余り。予定になかったことが幾つかあった。佐伯ダムカレーその後を紹介したい。 続きを読む 佐伯ダムカレーその後

県外学生は交通費支給

佐伯市の会社説明会のチラシ 11日に佐伯市の三余館で会社説明会・就職面接会・創業相談会が開かれる。1日の佐伯市長の定例記者会見で説明があった。人手不足は地方でも深刻で、売り手市場の中で説明会を開いても学生が来るとは限らない。そこで佐伯市は大分県外から来る学生に交通費の一部補助を行うことにした。九州内であれば5000円、九州外なら1万円を支給する。これでどれくらい効果があるか。都会での新卒者争奪戦はこんなレベルではないような感じもするが。 続きを読む 県外学生は交通費支給