至る所で水があふれた

大水で壊れた青江川の赤木橋 高速道路を使って18日午前8時半に臼杵市に入った。臼杵から津久見、佐伯ととりあえず巡ってみようと考えた。まず、向かったのが国宝臼杵石仏。臼杵川沿いの国道502号を走る。泥が押し寄せた青江小学校石仏からまた臼杵市街地方面へ引き返し、国道217号を北に佐志生・下ノ江を目指した。海岸線をちょっと走って佐志生小付近を見てUターン。臼杵の中心地を抜けて国道217号で津久見市へ。うろちょろしているうちに時間がたち、佐伯市に入ったのは正午過ぎだった。とても回り切れない。いったん大分市に戻ることにした。わずか6時間余りだが、その間受けた印象を言葉にすると「至る所で水があふれていた」。 続きを読む 至る所で水があふれた