家庭で役立つ防災知識

大量の家財道具が廃棄物となる 大分県が発表している台風18号に関する災害情報の最新版は23日午後3時現在の第18報である。それを見ると、津久見市の住宅の浸水被害がなお増え続けている。第17報(22日午後6時半現在)と比較してみる。例えば県内の住宅の床上浸水被害は17報の1389棟から18報で1463棟に増えた。増えたのは津久見市(896棟から972棟に)である。市にとって想定外の事態だったのだろう。被害の全容をつかむのに時間がかかっている。

 災害を見るにつけ聞くにつけて思う。どうやったら少しでも被害を減らすことができるのか、と。 続きを読む 家庭で役立つ防災知識