風倒木被害の研究報告

林野庁の発表資料 林野庁は26日、7月の九州北部豪雨で流木災害が発生したことを踏まえ、国土交通省と連携して山林などの緊急点検を実施すると発表した。国交省が全国の中小河川の点検を行うのに合わせ、流域で流木被害が発生する恐れがないかを緊急調査する。11月末をめどに点検結果を取りまとめるという。山々から大量の木々があふれ出た災害といえば26年前の風倒木被害を思い出す。ネットで検索していたら1冊の調査報告書を見つけた。 続きを読む 風倒木被害の研究報告