佐伯に魚の買い出しに

ワタリガニが一つ300円 佐伯に行ったら必ず立ち寄るといえば「さいき海の市場〇(まる)」の鮮魚・活魚コーナーである。6日は佐伯でちょっと用事があったので午前9時半の〇(まる)の開店に合わせて向かうことにした。着くと開店早々でお客さんは多くない。売り場担当者に聞くとワタリガニが安いようだ。〇では先々週だったかワタリガニを買っており、鮮度が良く、美味だった。1ぱい300円というので思い切って3ばい(計900円)買うことにした。 続きを読む 佐伯に魚の買い出しに

荷物片づけで休みます

大分・萬寿寺蔵の半身達磨など(別冊太陽) 西日本新聞佐伯支局を引き払って大分市に移った。これを機会に身辺を見直し、使わないものはできるだけ処分してしまおうと考えた。そんなわけで5日も引き続き荷物の片付けに時間を割き、この日誌はお休みにと思った。左の写真は白隠画の「半身達磨(朱達磨)」(大分・萬寿寺蔵)と「達磨」(永青文庫蔵)。8月27日付佐伯支局長日誌「臼杵の古寺を駆け巡る」で触れた白隠と仙厓についてぼちぼちと本を読んでいる。 続きを読む 荷物片づけで休みます

ダイエー優勝の下敷き

パ・リーグ優勝の胴上げ写真 会社から離職票が届かないので職安(ハローワーク)には行っていない。今は失業中なので「支局長日誌」の続編みたいなものを書いている。新しい仕事が見つからなければ、このまま元支局長日誌を書き続けることになるのだろうか。さて、左の写真は古い資料を片付けているときに見つけた「下敷き」である。福岡ダイエーホークスのパ・リーグ初優勝、さらに日本一となった記念品だった。 続きを読む ダイエー優勝の下敷き

津久見の総合防災訓練

県などと合同の防災訓練があった 東九州自動車道を走って大分市から臼杵市に入ったあたりで携帯電話がけたたましく鳴った。後で携帯を見ると「津久見市からの訓練のお知らせ」とあった。3日に大分県などと大掛かりな防災訓練を行うことは聞いていた。午前9時から始まったようだ。開始から2時間後に会場となった海岸沿いの市有地に行ってみた。防災訓練はいくつか見てきたが、訓練の成果と課題がどこまで住民に共有されているのか、いつも疑問として残っている。 続きを読む 津久見の総合防災訓練

天気晴朗なれど波高し

朝市も並べる鮮魚に苦労して 海はうねりがきつかったのだそうだ。もちろん台風15号の影響である。そのために漁に出られない、魚が捕れないのならどうしようもない。2日の臼杵魚市場の競りは長くは続かなかった。市場に魚が少ないから朝市に回せるものも限られる。朝市の開始を告げるベルはいつもなら午前7時半に鳴らされるのだが、この日は10分ほど早くベルが聞こえた。 続きを読む 天気晴朗なれど波高し

津久見市長に退任挨拶

JR津久見駅の改札口 津久見市長の定例記者会見が1日開かれた。8月31日付で定年退社しているので、もう記者ではないのだが、退任挨拶をしていないので、会見にお邪魔することにした。記者時代の移動は100%クルマだった。退職して時間に余裕があるのに、現役時代と同じでは芸がない。そう思ってJR大分駅からJR津久見駅まで列車で行こうと考えた。いいアイデアだと思ったが、現実は甘くなかった。 続きを読む 津久見市長に退任挨拶