味気ない地域医療構想

大分市にある大分県地域保健支援センター 哲学的なものが書いてあるなどとは思ってもいないが、あまりに味気ない感じがしたので当てが外れた気分になった。「大分県地域医療構想」のことである。県在宅医療推進フォーラムを聞きに行った(10月21日付佐伯支局長日誌「大分全域をホスピスに」)ことをきっかけに、厚生労働省の医療政策に興味を持った。同省が主催した全国在宅医療会議の議事録を読み、そこにあった地域医療構想について調べてみようと考えた。一読すると、将来の病床数の予測が中心で、関係者以外はあえて読もうとする人もいないのではないか、そう思わせる資料だった。 続きを読む 味気ない地域医療構想