傾山の台風被害その②

齋藤さんの著書「YaYa!歩くオジさん」 午後4時までには雨も上がったようだ。大分県内の24時間降水量(6日午後3時半現在)は佐伯市蒲江で181.0ミリとなったほか、国東市国見で121.5ミリ、杵築市で116.5ミリを記録した。先月の台風18号で大きな被害があった佐伯市佐伯では88.0ミリ、同市宇目は70.0ミリ、臼杵市でも88.0ミリとまとまった雨となった。台風に伴う豪雨被災地で新たな被害が出ていないといいが、と思う。さて、5日に続き台風18号による傾山登山路の被害についてである。山ガールサミット中止のお知らせを見て5日に齋藤義信さんにメールを送ったところ、同日夜に返信があった。 続きを読む 傾山の台風被害その②

山ガールサミット中止

大分、宮崎両県による協議会のHPから 佐伯市のホームページを見ていると、「台風18号の影響で延期または中止のイベント」のお知らせがあった。そこをクリックすると、中止された行事の一つに「山ガールサミット in 傾山(仮称)」があった。この催しについては4月26日付佐伯支局長日誌「宇目に山ガール集まれ」で紹介した。大分、宮崎両県にまたがる祖母・傾・大崩地域のユネスコエコパーク登録を記念する行事の一つとして早くから企画されていたものだった。しかし、台風18号の被害は大きく、登山道などにあちこちで通行止めの箇所があるため中止を決めた。復旧にはなお時間がかかるようで、行楽シーズンの秋に関係者は頭を痛めているのではないだろうか。 続きを読む 山ガールサミット中止

職業訓練校の選考日で

職業訓練校の最寄り駅は鶴崎駅 3日はハロワーク大分(大分公共職業安定所)での初めての「失業」の認定日だった。最初の窓口で雇用保険受給資格者証と失業認定申告書を提出し、チェックを受けて上で、別の窓口に行って就職指導を受ける。晴れて「失業」が公認となった。これからは求職活動に精を出さなければならないわけだ。その第一歩となるものが4日にあった職業訓練校の選考試験である。訓練校を見学したことは7月18日付佐伯支局長日誌「訓練コースの説明会に」で報告した。あれから2カ月半ぶりの再訪となった。 続きを読む 職業訓練校の選考日で

白隠禅師と座禅の教本

来年1月に始まる「白隠さんと仙厓さん」のチラシ 恥ずかしながら「白隠慧鶴」の名前を知ったのは今年2月のことだった。臼杵市歴史資料館で行われる企画展の取材に行った(2月28日付佐伯支局長日誌「白隠慧鶴と仙厓義梵」)のがきっかけとなった。機会があれば少し勉強しようと思っていたら、9月30日に大分市のコンパルホールで「白隠フォーラム in 大分」が開かれた。そこで「坐禅の仕方」などが書かれた小冊子をいただいた。試してみたが身体が硬すぎた。白隠禅師にわずかでも近づくためには柔軟体操から始める必要があることに気づかされた。 続きを読む 白隠禅師と座禅の教本

定年の挨拶状を考える

臼杵魚市場で見たトラフグ やらなければと思いながら、なかなか手が付かなかったことの一つに定年退職の挨拶状がある。そんなにたくさん知らせる先があるわけではないのだが、転居も伴うので最低限は出しておく必要がある。8月末の退社から1カ月が過ぎた。夏は過ぎ、秋本番を迎えようとしている。そろそろやらねばと2日は挨拶状の文面を考え、印刷までしておくことにした。そんなわけで本日の日誌は休みとします。

国民文化祭のプレ行事

おおいた大茶会1年前イベントの文字が 大分市にある大分県立美術館前の道路をクルマで通りかかると、交通規制がかけられようとしていた。立て看板があって何か書いてある。午前10時から午後3時まで美術館前の大通りを通行止めにして、いろんなイベントが開かれるようだ。会場に行ってみると、「第33回国民文化祭・おおいた2018」「第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会」の文字が飛び込んできた。そういえば「国民文化祭がどうの」といった話を何回か聞いていたことを思い出した。文化や芸術という言葉に縁遠く、忘れてしまっていたのだ。 続きを読む 国民文化祭のプレ行事