職業訓練の受講指示書

職業訓練受講にあたっての注意が ハローワーク大分(大分公共職業安定所)で「職業訓練受講指示書」を受けた。安定所長の印があり、最初に「あなたは職業訓練を受けることが適当であると認められるので、次の職業訓練を受けることを指示します」と書かれてある。この指示をもって失業手当を受けながらポリテクセンター大分での訓練を受けることが可能となった。

 それについては改めて報告するとして、モイカフェスタの案内1日に津久見市でモイカフェスタが始まったについて一言。昨年のこの日誌を見てみると、2016年10月25日付佐伯支局長日誌「予想以上のモイカ人気」があった。昨年は10月15日に始まっていた。今年は半月ほど開始が遅れたことになる。それが台風18号の影響であることは想像に難くない。

 モイカとはアオリイカである。秋から冬にかけて旬を迎える。昨年は新美賀久寿しでモイカ定食2160円をいただいた。今年は新たにフェスタに加わった飲食店などがないのか、津久見モイカフェスタの資料で確認することにした。

 津久見市役所のホームページにそれがあった。新美賀久寿しのモイカ定食2160円は今年もある。モイカ料理を提供するのが10店舗、さらに菓子・お土産の8店舗が津久見の特産品が当たる、このキャンペーンに参加している。ただし、このうち4店舗は開店していませんとホームページに注意書きがある。

 それはレストラン八日、料理工房竹田、それに回転焼あそうと広戸菓子舗。レストラン八日はモイカ入りかた焼きそば950円、料理工房竹田はモイカのコース料理3240円から、を提供する予定である。回転焼あそうは1個50円の回転焼が、広戸菓子舗はチーズケーキが売りになっている。

 台風18号に伴う豪雨で津久見市中心部は甚大な浸水被害に見舞われた。四季彩源兵衛は営業していた10月19日にJR津久見駅前に行ったときは回転焼あそうのシャッターは閉じられていた。今回のモイカフェスタでモイカづくし膳(2340円)などを提供する四季彩源兵衛は営業を再開していたが、まだ復旧途上の店舗もあった。

 被災された方々の一日も早い営業再開を願うばかりだ。津久見でモイカを知り、佐伯や臼杵でも何回か買い求めて食べた。モイカフェスタのパンフレットに「モイカはイカの王様」「一度食べたら忘れられない味」とあるが、そうだと思う。

 今年もまたフェスタ期間中(~来年1月15日)にモイカを食べに行きたい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です