23億円は高い安い?

大分市が購入を決めたJR大分駅前の土地(今年5月撮影) 大分市のJR大分駅前にある通称「パルコ跡地」(約4300㎡)の買い主が決まったようだ。大分市は10日に開かれた市議会全員協議会で、パルコ跡地を約23億円で購入する方針を明らかにした、と新聞報道などで見た。この日誌でもパルコ跡地問題を何回か取り上げた(最初は6月28日付佐伯支局長日誌「一等地を市が買うの?」だった)。10日の議会全員協議会では「価格が妥当か」などの指摘があったそうだが、そもそも「是が非でも市が取得しなければならない」土地なのかどうかがよく分からない。

  市のホームページにも詳しい情報はない。パルコ跡地の購入資金を計上した8月の市一般会計補正予算案には「大分市中心市街地祝祭広場整備事業」「30億円」と書いてあるだけである。しかも、大分市が試合会場の一つとなる2019年のラグビーワールドカップ閉幕後も祝祭広場として使い続けるかどうか、再検討されるらしい。確固たる将来方針もなさそうなのにポンと23億円も出す大分市は太っ腹だ。 続きを読む 23億円は高い安い?