物事には一長一短あり

よく利用する大分県立図書館 「物事には一長一短あり」。教訓めいたことを言えば、そんなことは百も承知だとお叱りを受けそうだ。大分合同新聞をたびたび引用して申し訳ないが、27日付朝刊の論説の見出し「所得制限を導入せよ」の文字を見て何事かと少し驚いた。テーマは乳幼児の幼稚園・保育所の無償化である。

 限られた財源を有効に使うために、本当に困っている世帯、必要とする世帯に絞るべきで、高所得世帯に恩恵が大きい全面無償化は行うべきではない-との主張だった。これも一つの考え方である。

 しかし、所得制限にも問題はある。どこで線を引くかが簡単ではない。年収300万円か、500万円か、800万円か、それ以上か。年収基準が高くなれば制限を設ける意味は実質的になくなる。低くすればわずかな年収の差で無償化になる世帯とそうでない世帯の明暗が分かれる。これは労働意欲にも影響する。

 よく言われるのは扶養控除である。主婦がパートをする際、夫の扶養の範囲内で働いた方が得だと考え、そうする。「103万円の壁」などと言われる。働くことが制度によって制限されてしまう。 続きを読む 物事には一長一短あり