タックスイーターとは

タックスイーターを読み始めた 建築CADの基本操作が一通り終わって、CADを使って平面図を描く作業に入ったのは、12日の訓練の最後の30分くらいだったろうか。勉強が一歩進んだ気がして少し嬉しい。この日から、ポリテクセンター大分に持っていく荷物の中に岩波新書の「タックス・イーター」(志賀櫻著)を入れて、暇を見つけて読んでみることにした。

 建築関係の本とともに大分県立図書館で借りたことは10日付のこの日誌「財政再建なき増税論議」で書いた。志賀氏のタックス・イーターは2014(平成26)年12月に発行された。当時ざっと読んだのだが、年末恒例の政府与党の税制改正のニュースを見て、改めて読んでみる気になった。この本は極めて分かりやすい。

 本の冒頭にある「はじめに」で著者は「周知のように、日本の財政状況はいま危機的な状況にある」と書く。そして、なぜ、そんな状況に陥ったのか。それを明らかにしたいと書く。内容は明快である。

 この本が出て3年が過ぎたが、危機的な財政状況は変わらない。むしろ状況は悪くなっていると思っている。「今そこにある危機」に対し、政治家も官僚も専門家も見て見ぬふりをしていると強く感じるからだ。 続きを読む タックスイーターとは