引き出し利用を忘れて

簡単な立面図でCADの操作を学ぶ 建築CADの訓練は18日で立面図を終わらせ、19日からは伏図(ふせず)に入る。19日午前中はCADで伏図を書き、午後は建築法規などのテストがある。残念ながら教わったことはたいてい忘れている。CADの操作でも2、3分前に習った手順も覚えていないくらいだから。テストは忘れたことを確認し、必要なことを改めて覚える努力をする場と考えるしかない。

 とにかく諦めずに繰り返すことだそうだ。ポリテクセンター大分建築CAD・リフォーム技術科の11月入所生30人の習熟度も大きな差がある。当方は先頭から差を広げられた後続集団に何とかへばりつこうとしている状態である。

 CAD操作でうまくいかない一つが整理整頓。壁、窓などの建具、寸法、文字などを「決められたタンス(レイヤグループ)」の「引き出し(レイヤ)」に別々に保管していく。CADを使って描くことに一生懸命で、それぞれの引き出しを決めて、分けて保管することを忘れてしまう。一つ覚えれば一つ忘れるで時間がかかる。