テストと答え合わせで

図書館の本も少しずつ読んでいる 呑み込みの早い人には少々退屈かもしれない。ポリテクセンター大分の建築CAD・リフォーム技術科11月入所生の訓練で19日、テストがあった。テストの表題は「在来木造住宅に関する構造、法規の確認」。テストと答え合わせに2時間半余りの午後の訓練時間を費やしてしまった。

 本当は少し時間を余らせて別のこともやるつもりだったようだが、思った以上に時間がかかったようだ。11月生は30人いる。理解の度合いも違う。職業訓練であり、全員で答えを再確認し、改めて知識が身に着くように復習するという意味では、答え合わせに十分な時間を取るのは当然ともいえる。

 出題形式の基本は正しいものに〇、正しくないものには☓を記入する〇☓式。配点は建築一般構造が70点で、建築関係法規が30点。法規では教材(木造住宅の建築法規)の持ち込みがOKで、電卓などを使った計算問題(これは複数の回答例から選択する方式)もある。建築構造の問題では住宅の部材とその役割の説明が〇か☓かというのもあった。 続きを読む テストと答え合わせで