より人間的より自然な

造り壊す-人の営み 大分県立図書館で借りた隈研吾氏の「小さな建築」を読んでみた。現代の建築に対する氏の目は厳しい。著書には以下のような言葉があった。「工業社会の生産品となり果てた家を、個人が、消費者という受動的存在として、なけなしの金で購買するのである」「大きなものを安く、早く作らなければならない工業化社会は、三角よりも四角が得意だった。四角と直角で作った方が、早く、安いのである」

 「早く」「安く」「大きく」を追求してきた近現代の建築に疑問を感じていた隈氏に決定的な影響を与えたのが、2011(平成23)年3月11日に発生した東日本大震災だった。「20世紀の郊外化による自然破壊の結末が、地球温暖化による異常気象と巨大ハリケーンだった」と考える氏が、「建築をゼロから考え直してみよう」と改めて思わせたのが東日本大震災だった。

 氏も「ここなら住んでもいいと思わせる家は多くはない」と書いているが、街を歩き、いろんな家を見て歩いても「住みたいな」と思わせる家はあまりない。古い民家から感じられる重厚さが新築住宅には見られない。なんだか「軽い」「おもちゃ」のような印象を受ける家が多い。それは大量生産・大量消費を前提とした安くて早い工業製品としての住宅だからだと言われると、なるほどと納得できる。 続きを読む より人間的より自然な