巨匠を知る旅の入り口

巨匠ライトの生涯を描いた本 年末年始の休み用にと12月28日に大分県立図書館で借りた4冊のうち、3日は「未完の建築家 フランク・ロイド・ライト」(エイダ・ルイーズ・ハクスタブル著、TOTO出版)を手にしてみた。近代建築の三大巨匠と呼ばれるライト(1867~1959)の生い立ちから晩年、死に至るまでの「波乱万丈の人生」がまとめられている。

 ただ、この1冊だけでライトの考え方、建築が鮮明に理解できたかというと、そんなことはない。ちょっともやもやした気分が残ったと思ったら、最後の「訳者あとがき」に「本書が、この巨人を探す長い旅の『入り口』のようなものになれば」と書いてあった。

 なるほど、そうだなと一人で合点した。 続きを読む 巨匠を知る旅の入り口